■秋田県ラグビーフットボール協会 事務局

〒011-8511 秋田県秋田市飯島文京町1番1号
独立行政法人 国立高等専門学校機構 秋田工業高等専門学校 気付
秋田県ラグビーフットボール協会 事務局 野坂肇
TEL.FAX:018-847-6061


■秋田県ラグビーの歩み

大正 12年 春。秋田運動倶楽部(故武藤鉄城、橋本平太諸氏)、秋田鉱山専門学校(現秋田大学鉱山学部)、寺井和志蔵(元協会長)、広瀬正資諸氏によりラグビーが始められる。8月、慶応大学ラグビー部益田弘選手、翌13年、明治大学ラグビー部木元規矩男、赤星輝世、久我善久、田辺紀勝四氏を招き指導を受け、その後も両大学の指導を受ける。
○県内最初のラグビー公式試合(楢山G 9/14)
秋田鉱専23-0秋田運動倶楽部
※大正・昭和初期には、運動倶楽部、鉱専の指導により、秋中(現秋田高)、秋工、大農、本荘中(現本荘高)、秋田師範(現秋大教育学部)等による各種大会を開催。
13年 全県ラ式蹴球(ラグビー)大会開催 優勝 鉱専ユニオン
14年 全県中学校蹴球大会 優勝 秋田中
○秋田工でラグビー同好会発足
15年 県体協主催 第1回ラ式蹴球大会 優勝 秋田中
昭和 2年 能代体育協会ラ式蹴球部誕生
5年 第12回全国中等学校蹴球大会(現高校大会)に秋田工初出場
1回戦 奉天中12-6秋田工
○第1回全日本カナダ遠征に、田中一郎氏(秋中-明大)参加
7年 第13回全国中学校ラグビー大会 秋田工初勝利
1回戦 秋田工26-0鞍山中
9年 ○第16回全国中学校ラグビー大会に秋田工5度目の出場
4連覇を狙う京城師範に8対5で勝ち秋田工初優勝
13年 第20回全国中学校ラグビー大会 秋田工優勝
○第13回全国高専ラグビー大会に秋田鉱専初出場。準決勝進出。
○全国国鉄大会で土崎工場初優勝
21年 ○秋田県ラグビー協会設立 会長 湊育造氏 理事長 高桑栄一氏
22年 ○第2回国民体育大会(国体) 一般の部で土崎工機部優勝
土崎工機部8-8門司鉄局(同点優勝)
○金足農、秋田市立中にラグビー部誕生。大館中ラグビーを始める。
○早大ラグビー部、秋田市で夏季合宿。戦後の秋田のラグビーが大きく刺激され発展を見る。
23年 第27回全国中学校ラグビー大会 秋田工優勝
第3回国体 秋田工初優勝 秋田工35-0修猷館
24年 第28回全国高校ラグビー大会 秋田工優勝(2連覇)
25年 第29回全国高校ラグビー大会 秋田工優勝(3連覇)
第5回国体 秋田工優勝
26年 第30回全国高校大会 金足農初出場(秋田工前年度優勝校推薦)
第6回国体 秋田工優勝
○大館鳳鳴、能代工、湯沢南、ラグビー部創設
27年 第31回全国高校大会 秋田工優勝
28年 第32回全国高校大会 秋田工優勝
○現秋田市営八橋ラグビー場完成
全国高校選抜ラグビー大会(八橋G)秋田工優勝
29年 第9回国体 秋田工優勝
30年 ○第1回秋田市民ラグビー大会開催
31年 第31回全国高校大会 秋田工優勝
第11回国体 秋田工優勝
32年 第36回全国高校大会 秋田工優勝
第12回国体 秋田工優勝
33年 第13回国体 秋田工優勝
34年 第38回全国高校大会 秋田工優勝
○由利ラグビー協会設立 会長 鈴木哲郎氏
○県協会招待試合開催 全慶応13-11全明治
35年 ○第1回全国教員大会を本県で開催(八橋G)。全秋田準優勝
第15回国体 秋田工優勝
36年 第40回全国高校大会 秋田工優勝
○本県で第16回国体開催 秋田工優勝
38年 第42回全国高校大会へ秋田市立高初出場
※秋田工以外では初の単独出場
○県ラグビー40周年記念。創設当時の超OB全国から参集。
40年 第44回全国高校大会 秋田工優勝
第20回国体 秋田工優勝
41年 第21回国体 秋田市立高初優勝
42年 第46回全国高校大会 秋田高初出場
43年 第47回全国高校大会 秋田高出場
第23回国体 秋田工優勝
第1回教育系大学ラグビー大会 秋田大3位
44年 第48回全国高校大会 秋田工優勝
第24回国体 秋田工優勝
45年 第25回国体 秋田高初優勝
○県内初の小学生チームとして、秋田市金足西少年ラグビースクール誕生。
46年 第26回国体 秋田高優勝
47年 ○不惑ラグビーチーム発足
○県ラグビー発足50周年記念。創設当時の生存者の名前を刻んだ純銀製カップ“草分杯”を県ラグビー協会に寄贈。以降毎年秋、草分杯の争奪戦を行う。
〈記念試合〉秋田工19-10目黒高 全秋田35-28全明治
○第1回草分杯開催
49年 第29回国体 秋田工優勝
51年 ○ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)を迎え全秋田と対戦。
53年 ○八橋ラグビー場にナイター施設完成
第33回国体 少年の部 全秋田優勝
54年 第3回東日本都道県社会人大会 全秋田優勝
第16回東日本社会人大会開催(八橋G)
55年 ○秋田県協会社会人連盟発足し、全県社会人リーグ開催。32チーム参加。
57年 第1回全県中学校総体ラグビー競技開催
58年 第13回全国高専大会 秋田高専準優勝
第3回東日本中学大会で男鹿東中優勝
第7回都道県対抗社会人大会 秋田県優勝
○県ラグビー発足60周年記念
・ラグビー発祥の地(現千秋会館)に記念碑建立
・全秋田34-21リコー
ケンブリッジ大学31-10新日鉄釜石
第1回全県社会人クラブ選手権開催
59年 ○第1回東北7県クラブ選手権大会を本県で開催(八橋G)。秋田クラブ準優勝
60年 第64回全国高校大会 秋田工優勝
○記念誌「秋田県ラグビー60年」発刊
63年 第7回東日本中学校ラグビー大会 男鹿東中優勝
第67回全国高校大会 秋田工優勝
○東日本社会人リーグ始まる。
64年 第68回全国高校大会 男鹿工初出場
平成元年 ○第1回秋田県協会主催高校招待試合開催。
目黒高、黒沢尻工、石巻工、三本木農、秋田工、秋田中央高、大館鳳鳴高の7チームによるトーナメント試合を行い、秋田工が優勝。
3年 第1回社会人7人制大会開催(雄和ドーム)
○東北社会人リーグ、東北大学リーグ始まる。
4年 ○第47回国体(酒田市) 成年2部で全秋田優勝。
5年 ○秋田県ラグビー70周年。
6年 県協会招待試合 大東文化大 38-21 全秋田
7年 秋田工 8年ぶり全国大会 決勝進出  準優勝
秋田工 創部80周年
県協会招待試合 全秋田 36-26 早稲田大学
8年 県協会招待試合 サントリー 35-20 全秋田
9年 県協会招待試合  全秋田 47-26 関東学院大
10年 県協会招待試合  サントリー 87-28 全秋田
11年 県協会招待試合 慶応大学 26-24 全秋田
天王南中学にラグビー部 創部
12年 県協会招待試合  全秋田 26-5 流通経済大学
13年 秋田県でワールドゲームズ開催 7人制競技実施
県招待試合 サントリー 71-40 全秋田
14年 県協会招待試合 トヨタ 62-29 サントリー
東北電力ラグビー場 県に無償譲渡
15年 県協会80周年 式典 記念試合 開催
記念試合  ヤマハ発動機 55-10 全秋田
秋田高校が32年ぶり全国大会出場
16年 秋田市役所をクラブ化し秋田ノーザンブレッツを創部
県招待試合 釜石シーウェーブス 24-17 全秋田
17年 60回岡山国体 成年全秋田(ANB)準優勝
県協会招待試合  ふるさと選抜 41-24 ANB
18年 県招待試合 早稲田大 43-5 明治大
ノーザンブレッツトップイースト11に参入